私が住んでいる地域の気候って

スコットランドによく似ている。冬は雪や雨がよく降って、長い間すっきりしない。ぶ厚い灰色の雪雲がどっかと山の上に居座って、なかなか動かない。私自身は雪も雨も嫌いではないけれど、鉛色の空が一週間続いたりすると、やはり気分が暗くなってくる。

たった一人でいる家の中で心が沈むのは辛いので、そういうときは厚着して外に出ることにしている。人生は短いのだから、少しの時間でも、暗い気持ちで過ごして無駄にしたくない。だから、歩くことにしている。とにかく前に進むのだ。寒くても、雨でも。

十分ぐらい経過すると、徐々に心が軽くなってくる。実感できる。歩けば歩くほど心が軽くなる。時には犬を連れて、時には小学校の通学路を子供達と一緒に。とりあえず、前に進めば何かが始まるのではと期待しながら行くのだ。

文章も同じなのかもしれない。書かなくちゃと思うと、どうにもこうにも進まない。書かなくちゃ、ではなく、とりあえず書いてみることが重要なんだと思う。どうでもいいことを。別にオチもないことを。今日みたいにね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中