え、桶屋さんで!?

先日小学校で知り合いのお母さんに「ねえねえ!桶屋さんに行ってるんだって!?」と聞かれました。
「短い時間だけどアルバイトさせてもらってんの」と答えると、すごくびっくりされるYO!

「桶屋さんで英訳の仕事だよね?」
「まあ、それもやってるけど、普通の仕事もしてるよ」
「エッ!桶、作ってんの?」
「いや、桶なんて絶対に無理だけど、パーツだったりカトラリーだったり」
「エーッ!!」

っていう会話が最近増えてきたように思う。
sen2

私の知ってる翻訳家さんで、実は翻訳以外にも仕事を持っている人は結構いる。書籍の翻訳をしていない時期は産業翻訳をしたり、通訳をしたり、原稿を書いたり。私自身、翻訳とそれ以外の仕事を同時進行させることは度々あるので、自分としては通常営業なのだが、今までずっと家にいた私が突然アルバイトをはじめたのでびっくりされちゃうみたい。それにしても、翻訳と桶屋さんってかけ離れた世界なので、毎日が新しい発見の連続でおもしろいったらない。黙々と作業をしながら、脳内で妄想全開である。いろいろな物語を勝手に描いている。仕事が終わればちゃんと疲れているから、夜もしっかり眠ることができる。

来月になると子供が夏休みに入るので、学童保育をどうするのかが悩みどころ。行きたくないと粘っている双子の説得は一度諦めたが、でもやはり学童に行ってくれればこのままのリズムで働くことができる。7月には翻訳の仕事も始まるし、出来れば、学童保育にお世話になりたいのだけれど、さてどうなりますやら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中