やまもとりえ著 『Aさんの場合。』

yamamoto

発売を楽しみにしていたコミックエッセイが届いた。この一冊を読んで共感しない女性はあまりいないんじゃないの!?というほど、ページを開いた瞬間から頷きまくりの一冊で首が痛い。

私はAさんにもなりきれなかったし、Bさんになる勇気もなかった。派遣社員をやっていたので、自分の力だったら100%入ることは無理な大企業で働いていたのだけれど、登場している課長のような人も多くいたし、女性も大勢いて、いろいろなことを見聞きしたし、経験もした。今思い出すと、なんだか時代を感じてしまうし、正直、笑える。そして、穴があったら入りたい。たかが15年ぐらい前の話だけれど。

AさんもBさんも、それぞれに思いがあって、互いへのちょっとした誤解もある。でも、ほんの少しの歩み寄りで、理解も、やさしさも生まれるのだ。女性同士のこういった関係性を描くのは、とても勇気のいることだったと思う。昨今、何かを書けばありとあらゆる方向から矢が飛んでくるし、誤解も受けやすい。それでも、途中、エッジの効いたセリフを挟み笑わせながら、最後は清々しい気持ちにさせてくれる、とても楽しい一冊だった。この年になってしみじみ思うのだけれど、やっぱり、やさしさって本当に大切。相手の立場に立って考えることで、どれだけの人が救われるかわからない。ほんの少しのことなんだけど、忘れちゃうんだよね。この一冊を読んで、改めて感じました。

それにしても、Aさん、Bさんのその後が気になるなあ。

*****

少し話が飛ぶのですが……。私、自宅で作業することがほとんどなのですが、この自宅作業をする時に、体を拘束するような服を着ると、ものすごく不快だし、作業が思うように進まないんですね。腕の動きが悪くなるような気がして。こんな感じの気分になるのはここ数年なので、たぶん加齢も大いに影響していると思うんだけど、とにかく、体の自由を奪われるのがどうにも辛くて、ここのところ数年は、家ではダボダボの服を着ている機会が増えました。しかし、このダボダボの服も、動きがややこしいなと感じ始め(もうどないしたらいいんや)、ああどうしよう、まさかタオル一枚巻いて仕事するわけにもいかないでしょうにと悩んでいたんです。そしたら先日、ついに答えが出ました。一筋の光が差し込みました。

まず最初に、その企業の回し者でもなければアフィリエイトをやっているわけではないとお断りさせていただいて、その解決策となったものを書きたいと思います。それは、ベルメゾンのホットコットです。ええ、下着ですね。ものすごく収縮して体にぴったりフィットします。上、下、長め、短め、それから様々なカラーで展開しています。このホットコットをですね、上下で着るわけです。そしてその上から、今流行りっぽい、長めのカーディガンを羽織るわけ。あーら、不思議。これ、めちゃくちゃラクじゃないですか。見た目はモジモジ君(死語&昭和)ですよ。でもね、めちゃくちゃ動きやすい!!!全然下着に見えないって!!!

フリーランスのみなさんには、上下のホットコットをおすすめ致します。カーディガンを羽織ればヤマトの配達にも対応可能!小さいお子さんがいるママにもお勧めしますよ。汚れたらすぐに洗えるしね。それから安いし!!
dog-face_318-106641

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中