2017年ロックの日

去年も一昨年も、今日という日になにか書いていたようなので、それであればとノートパソコンに向かっている。今朝、仕事で使用しているデスクトップで作業していたら、突然モニタが真っ黒になり、エラーが出て、そのまま動かなくなった。何をしても無反応だ。すでに7年も使ったモニタで、この一年ほどは騙し騙し使っていたこともあって、もう寿命だろうとあきらめた。自分の誕生日に、モニタが逝くなんて。

さて、ひとつ年を取ってなにか心境の変化でもあったかというと、まったくない。昨日とまったく同じ、今日もいつもの私だ。朝起きて、犬を散歩させ、原稿を読み、書き、ランチを食べ、そして今、コーヒーを飲みつつこれを書いている。いつもと全く変わらない、普段通りの一日を過ごしている。

あえて、なにか一つでも変化はないかと聞かれれば、一年前の私に比べて、今日の私はとても元気だと言えるだろう。肉体的にも、精神的にも、明らかに一年前よりはしっかりとしていると思う。余裕が出てきたように思う。常にやることが山積みの状態で、いつもギリギリの生活ではあるけれど、それでも心までギリギリの場所に追い詰められていないことは、とても幸運だと思う。

この先一年、どのように過ごそうか、今日はそんなことばかり考えている。子育てはまだ終わってはいないけれど、それでも、折り返し地点は通過しただろう。これから先は、いろいろな場所に一人で行くことができるようになるに違いない。もっと自由に働くことができるようになるかもしれない。ようやく乗り込んだ船で、スイスイと沖へ向かうのだ。ずっと先にある未来に向かって、進んで行くのだ(I hope so)。

そんな希望を持ちつつ、でっかい体をした真っ黒い犬と一緒に、梅雨の晴れ間のロックの日を堪能している。部屋の汚れが気になるから、今から掃除だ。洗濯機はすでに回っている。結局、いつもとなんら変わりない一日だけれど、今日から47周目に入ったということ。たぶん、それだけのことだ。

dog-face_318-106641