20171209 雑記(昨日の分)

可能な限り毎日更新しようと大きな目標を立てたものの、日中、がんばって仕事をしていると夕方には文字も枯れ果て、書きたいことはあれどなんとなく筆が進まず、今朝に至る。

昨日は、朝にコスモポリタンの連載原稿99本目を入稿。残すところあと一本だ。この二年間、一週間に一回というペースで、短い文章とはいえ、書いてきた。久しぶりに、私ったらやれば出来る子なんだなと思った。月曜更新、火曜入稿(二週間分はストック、つまり前倒して入稿)という約束を守ることができず、月曜更新なのにもかかわらず、その前の週の金曜に入稿する(ストック0)という駄目な私を、いつも明るく励まして下さったコスモポリタン編集者市毛さんに感謝。

コスモポリタンの入稿が終わってから、先日入稿したレトリーバー誌の原稿を読み直す。亜紀書房Webマガジン「あき地」で連載している「犬(きみ)がいるから」の挿絵を担当して下さっているイラストレーターさんが、レトリーバー誌でも描いて下さった。もう、めちゃくちゃにかわいい。なんて上手なのだ。ハリーの特徴を見事に捉えたイラストは必見であります。是非、買って下さい。LINEのスタンプで販売していただきたいぐらいだわ。ちなみに私の文章はハリー好きがエスカレートして若干気持ち悪い感じでした(読み直してみたら)。それもまた、いいんじゃないでしょうか。ペット雑誌だしね!

ハリーはまた体が大きくなった。2シータ―のソファ全体を使っても、ちょっと窮屈そうだ。


コスモポリタンとレトリーバーの原稿チェックし、だいたい朝の9時半ぐらい。そこから翻訳原稿。そろそろ全体の1/3まで行ったところで、訳していて楽しくなってきた。特に会話文が最高!女同士の掛け合いがいい。ああ、そうそう、そうだよねと、一人寂しく盛り上がった。こういうタイプの文章、大好きだ。ウブな主人公の涙につられてしまう。昨日は調子が上がったので、結局夜中まで作業を続けた。

午後、ポストをチェックしたら、畠山理仁さんの『黙殺 報じられない”無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)が届いていた。本書で畠山さんは第15回開高健ノンフィクション賞WINNERとなった。畠山さんには先日、拙訳『人間をお休みしてヤギになってみた結果』(新潮社)を、出版社を通じて献本させていただいた。きっと気を遣って下さったのでしょう、一冊送って下さるとの連絡を頂いたので、ずうずうしくもサインをお願いした。とってもうれしかった。

ウランバートルまで行かずとも、サインは頂けるようです。なんていい人だ、畠山さん。


来週は、というか、今週末は結構忙しい。年末までに今担当している一冊はなんとしてでも仕上げたい。ピッチがあがってきているので、週末も翻訳は休まず、その他連載原稿を仕上げようと思う。

うーん、来年はどうやることやら。とにかく、書くことはやめずに進もう。

arrow

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中