20180812 雑記 夏の終わりのいろいろなこと

今日は用事があって守山市へ。
途中、ワインショップのアズールブルーに立ち寄った。クーラーがめちゃくちゃ効いていて(常に14度に設定しているそうだ)、とっても快適。店主の男性もとても感じがよくて、楽しい買い物だった。2000円~3000円のワインが多かったように思う。私自身はもう飲めなくなったけれど、まあ、買うことは楽しい。仕事のストレスは散財でしか発散できない。角打ちができるらしく、ワイングラスが並んでいた。一杯500円から。近所にあったら相当楽しい店だろう。
39032319_10155492558821594_608941270680731648_n

そのアズールブルーの店主が、大津市に新しいビール醸造所ができたと教えてくれて、帰り道だったので立ち寄ってみた。

38921010_10155492558706594_5587844544784760832_n
店は開いていたものの、瓶詰めできていないそうで、テイクアウト(大きめのプラスチックのカップになみなみと注いだ状態)ならできるということだったが、私は飲めないし(しつこい)、夫は運転しているので、残念ながら購入できず。店はこじんまりとしてかわいらしく、清潔で、カウンター数席とボックス席がひとつあったように思う。ちょっとしたおつまみも出すようだ。こちらもクーラーが効いていて、とても快適だった。近くのショップに瓶に詰めたものが売っているということだったので、立ち寄って、残っていた2本を無事購入してきた。ついでにスイカなども買う。
これだけでどっと疲れた。今年の夏の暑さは応えるね……。病み上がりにはキツいよ……。

さて、8月24日に発売の迫った『犬(きみ)がいるから』(亜紀書房)のイベントが次々と決まり、わくわくが止まらない。最初は、東京一回(神保町三省堂本店)、京都一回(恵文社一乗寺店)ということだったが、本当にうれしいことに東京は二回開催に増え(八重洲ブックセンターで16日)、もしかしたら関西も増えるかもしれない(大阪がイイネ!)。校閲者の牟田都子さん、そして編集者でライターの青山ゆみこさんという、大変豪華なお二人が登壇者として参加して下さることも、大変光栄なこと(お二人のファンだし!)。また、9月15日には森信太郎さんを励ます会(イベントタイトルは変わると思うが)がCCCメディアハウスで行われる。こちらにも私は登壇します。森さんとは初対面。とても楽しみです。

こんな感じで、次々と夏の終わり頃のイベントが決まり、私はとにかく、(もう元気ではあるけれど)、体調を崩さないように、また東京で電池が切れないようにがんばる所存であります。鍛えておかねばならないな……。主治医の先生によると、とっても状態はいいとのこと(プラン通りだそうです。ビーム強い)。それを信じて、体調管理がんばります。

そんなこんなで、色々と動きがありますが、みなさんにお会いできることをとても楽しみにしています。そうそう、Webでも考える人連載の『村井さんちの生活』特別編『心臓へたっちゃってますけど大丈夫』ですが、最終回が明日公開です。とうとう最終回ですよ。なんだか長かったな。ずっと読んで下さっているみなさん、本当にありがとうございました。こちらもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中