本日の雑記 生命保険のこと

生命保険のことを書きます。

最近、私は三週間に渡って入院したわけですが(詳細はWebでも考える人で連載中の「村井さんちの生活」を読んでくださいませ)、友人知人にもっとも多く聞かれた質問は、体調のことよりも生命保険のことでした。ウケる。

私が加入していたのは、ネットで加入できて、自分で自由にカスタマイズできるタイプの生命保険でした。人間と一切会話せす契約できる。これが最高オブ最高です。オプションがいくつかあって、月々の掛け金を自分で調節できる掛け捨てタイプです。当然、掛け金の安さも魅力でした。掛け金が安いということは、ほぼ必要最低限の保障であるということなのですけど。

それで今回、私は救急病棟に入院し、ありとあらゆる治療を受け、その後2週間以上個室に入ったわけです。私は国民健康保険に加入していますから負担は三割ですが、かかった医療費は大変な額でした。いわゆる、目が飛び出る感じの。しかし、高額療養費制度を利用することで無事支払いを済ませ、退院することができました。ありがたいことです。

さて、ここからです。私が加入していた保険は、医師の診断書が必要でないタイプで、診療明細書と診療費領収書のコピー、それから入院した日付、病気の詳細がわかる書類(加入者が記入する)を送れば給付金が最短三日で支払われるというものでした。

退院中はヒマだったので、申請書類はダウンロード済み。病院で会計を済ませた後、病院内のコンビニで必要書類をコピーして家に帰り、翌日送付して、給付金の入金があったのは、その三日後でした。保障内容は必要最低限でしたが、結局、個室に入った差額ベッド代などすべて、きっちりとカバーしてくれました。つまり、私の出費はなかったようなものです(入院日数×5000円+診療報酬点数×3円 up to 10万円 /月)。

すごく助かりましたね、やっぱり。月々の掛け金は5000円ぐらいでした(退院後の保障とか、がんになった時の一時金とか、先進医療給付金とか、いろいろついてました。終身保険です)。入る入らないは人それぞれですが、私の場合は助かってるなあ~という話でした。

アイキャッチ写真:大好きになったドデカミンストロング
arrow

20171221(焦燥感)

やっとのことでエンジンがかかり(120%で! フルにかかり!)、一日中仕事をしていた。女性刑務所の話で、会話が面白く、テンポがいい。私はずっと女子校だったし女子寮も経験しているので、感覚として理解できる部分が多い。実在する施設なので、写真で見たりGoogle mapで建物の前まで行って、様子を伺ったりしている。かき集めた資料を確認しながら、単語を細かく調節している。原稿全体としてはまだ荒いけれど、日増しによくなってきていると自分では思っている。

作業がぐぐっと進み始めるきっかけは、焦燥感を抱くことにある。早くゴールにたどり着きたい、一文字でも前に進みたいという気持ちが大きく、強くなって、一分一秒も無駄にできなくなる。ここまでたどり着くとあとはこっちのもので、最後まで勢いよく一気に駆け抜けることができる。ゲーム感覚とも言える。しらみつぶしに全文にあたって、穴を一個一個埋めていく作業が楽しいのだ。

とにかく1ページでもいいから前に進み、たっぷりと時間をとってプルーフリードしたい。翻訳原稿は見れば見ただけよくなると言われるけれど、これは本当で、何度チェックしてもし足りない。毎度のことながら、最後は時間との闘いになるのだけれど、なんとか今回も切り抜けたい。これを切り抜けたらもう一冊が待っている。今年も来年も女性作家が続くけれど、なんだかそれがとてもうれしく感じられる。じわじわと感動する。世界中に素晴らしい作家はいて、同じ年代の女性作家の書いた骨のある文章を訳すことができる幸せは、私にとっては何事にも変えられないような気がしている。


とまあ、このように忙しいのだけれど、実はパソコンを買って、仕事周辺環境を大幅に変えた。モニタも二台になっている。また明日にでも書きます。

今日はたぶん夜中まで作業。

arrow

20171218 (財布を落とす。今期二回目)

40代50代がティーンを過ごした昭和の頃を懐かしんで、過去映像や音源を酔っ払って掘り起こすことを「I feel coke現象」と呼んでいるという話は先日書いた通り。私もそれを先日うっかりやってしまって、小学生の頃にファンだったバンドの古い映像を見て、あの頃の淡い恋心がカムバックしてきて、そんな自分が気持ち悪い。ただ、昭和のあの頃の音源を聞いてみると、確かに名曲が多かったのではないか(こう書いているところがすでに年寄りくさくて辛い)。

それはなぜかというと、歌詞の意味が通っているからだ(年寄りくさい)。物語になっている(だから何)。その物語はいちいち胸キュン♡青春だけど、まあそれはいいじゃないか。それから聖子ちゃんはめちゃくちゃ歌がうまい。この前明け方までかかって、いろいろな歌の歌詞を読んでみたんだけど、昭和の歌の特徴的な単語をピックアップすることができた。

ロンリネス
ピエロ
街のリズム


夏の終わり
ダーリン

こんな感じだろうか。これから積極的に使っていきたい。


夜中からまた咳が出始めて体調がイマイチだったので、今日は朝一番に耳鼻科に行った。まだそこまで症状として酷くないのに行ったのは、長引かせたくないからだ。でも、その耳鼻科の帰りに立ち寄ったスーパーでまたもや財布を落とした。今年二回目だ。それも今回はコッペパンと一緒に落としていた。

毎度親切な方に拾っていただくのだが、免許証も保険証もその他一切合切入っているというのに、落として気づかないというのも本当に深刻で、私はなぜこうも集中力がないのかと自分でも呆れてしまうぐらいだ。

とにかく、耳鼻科へ行き、薬をもらい、スーパーに立ち寄るというタスクが、今の私には重荷なのだということ。家で仕事しているのにそれぐらいが重荷ってどういうこと?と言われるかもしれないが、頭の中が曇っていたら、こんな簡単なタスクもまともにこなせなくなるのだ、40代は。いや、私は。

ごはんの用意が究極に面倒くさい。自分一人だったら、なんでもいいのに。


今日はコスモポリタン連載の『村井さんちの田舎ごはん』が最終回だった。最後にキャスリーン・フリンの言葉を引用した。長い間ありがとうございました。
arrow

20171210 雑記(今日書いたもの)

・Webでも考える人『村井さんちの生活』
・Webマガジンあき地の『犬(きみ)がいるから』
・今訳している本の翻訳原稿

週末だっていうのに……。がんばったやん……。

作業を進めながらも、今日は断捨離デーということで、納戸に詰め込んであったあれやこれやを引っ張りだし、中身を確認し、捨てた。奥の方に、子どもたちの肌着をまとめた袋があって、見つけた時は、さすがの私も「ひぃぃっ!」 となった。うわあ、二度と見たくもないわ! どんど焼にして欲しい。成仏してくれ、俺の怨念。

乳幼児の子育てに関して、私にはいい思い出がほとんどない。すべて忘れ去ってしまいたい。その原因は色々あって、一概に誰が悪いとか何が悪かったということはないのだけれど、まあ、とにかくなにかが狂っていたことは確かだ。双子ということが、あの辛い日々の原因だったのかなとも思う。

『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』を訳しているときは、結構つらかったと今更思う。同時に、全世界共通の悩みなんだと思えば、とても勇気づけられた。決して、乳幼児期の息子たちがかわいくなかったなんてことはないけれど、今が一番いい。

今は二人とも、田舎の子特有のおっとりした、自然が大好きな男の子に育ってくれた(勉強は全然しないが)。とても優しい男の子たちだ。いつも私の荷物を持ってくれる。初めて三人で東京に行って、いい思い出がたくさんできた。今のまま、そのまま大人になってくれればいい。勉強は、たぶん、その気になったらやるだろう(希望的観測)。
24991367_10154936718086594_2483036168679994294_n
arrow

20171209 雑記(昨日の分)

可能な限り毎日更新しようと大きな目標を立てたものの、日中、がんばって仕事をしていると夕方には文字も枯れ果て、書きたいことはあれどなんとなく筆が進まず、今朝に至る。

昨日は、朝にコスモポリタンの連載原稿99本目を入稿。残すところあと一本だ。この二年間、一週間に一回というペースで、短い文章とはいえ、書いてきた。久しぶりに、私ったらやれば出来る子なんだなと思った。月曜更新、火曜入稿(二週間分はストック、つまり前倒して入稿)という約束を守ることができず、月曜更新なのにもかかわらず、その前の週の金曜に入稿する(ストック0)という駄目な私を、いつも明るく励まして下さったコスモポリタン編集者市毛さんに感謝。

コスモポリタンの入稿が終わってから、先日入稿したレトリーバー誌の原稿を読み直す。亜紀書房Webマガジン「あき地」で連載している「犬(きみ)がいるから」の挿絵を担当して下さっているイラストレーターさんが、レトリーバー誌でも描いて下さった。もう、めちゃくちゃにかわいい。なんて上手なのだ。ハリーの特徴を見事に捉えたイラストは必見であります。是非、買って下さい。LINEのスタンプで販売していただきたいぐらいだわ。ちなみに私の文章はハリー好きがエスカレートして若干気持ち悪い感じでした(読み直してみたら)。それもまた、いいんじゃないでしょうか。ペット雑誌だしね!

ハリーはまた体が大きくなった。2シータ―のソファ全体を使っても、ちょっと窮屈そうだ。


コスモポリタンとレトリーバーの原稿チェックし、だいたい朝の9時半ぐらい。そこから翻訳原稿。そろそろ全体の1/3まで行ったところで、訳していて楽しくなってきた。特に会話文が最高!女同士の掛け合いがいい。ああ、そうそう、そうだよねと、一人寂しく盛り上がった。こういうタイプの文章、大好きだ。ウブな主人公の涙につられてしまう。昨日は調子が上がったので、結局夜中まで作業を続けた。

午後、ポストをチェックしたら、畠山理仁さんの『黙殺 報じられない”無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)が届いていた。本書で畠山さんは第15回開高健ノンフィクション賞WINNERとなった。畠山さんには先日、拙訳『人間をお休みしてヤギになってみた結果』(新潮社)を、出版社を通じて献本させていただいた。きっと気を遣って下さったのでしょう、一冊送って下さるとの連絡を頂いたので、ずうずうしくもサインをお願いした。とってもうれしかった。

ウランバートルまで行かずとも、サインは頂けるようです。なんていい人だ、畠山さん。


来週は、というか、今週末は結構忙しい。年末までに今担当している一冊はなんとしてでも仕上げたい。ピッチがあがってきているので、週末も翻訳は休まず、その他連載原稿を仕上げようと思う。

うーん、来年はどうやることやら。とにかく、書くことはやめずに進もう。

arrow

20171207 雑記

#翻訳祭 が終わってからというもの、タイムラインは「書籍翻訳、やるべきか否か」という話題で持ちきりである。つまり、書籍翻訳に興味はあるけれど、果たしてそれで生活が成り立つのかとみなさん悩んでおられるのでしょう。

アバウトなことしか書いてくれないからイライラするなあと思われるかもしれないけれど、成り立つのかと問われれば、そりゃそうできている人もたくさんいるし、成り立たないのでは?と問われたら、う、うん、そうだね、みなさん苦労されているのではないかしら(私だって苦労してるし)……? としか答えられない。

いま、書籍翻訳界でトップにいらっしゃる先生方は、きっと書籍翻訳一本で立派に生計を立てておられるでしょう。そりゃ、超人のごとく猛烈な勢いで訳しているし、その素晴らしいお仕事に魅了される読者は日本中に多くいるのだから。私もそんな読者の一人です。憧れています。とてもじゃないけどかなわない。

しかし、どんな世界でもそうだけれど、今トップにいる人たちが、最初から売れっ子であったのか、十分な収入があったのか、最初から苦労をしていなかったのかと問われれば、当然、苦労されていた、悩んでいた時期もあったのではないでしょうか。石にかじりつくような努力を重ね、読み、書き、今のポジションにいらっしゃるのではないでしょうか。

私が先日の翻訳祭でお会いした書籍翻訳家のみなさんも、きっとそう。井口さんも児島さんも白須さんも安達さんも、たぶん、みーんな、そう。ものすごい時間を費やして、学び、苦しみ、訳しておられるのではと思います。

私がそんな翻訳家のみなさんに、書籍翻訳って大変だから、もう辞めますか?と聞いたら……
十中八九、みなさん声を揃えて、
まだ辞めませ―――ーん!
と、答えられるのではないでしょうか。ここが書籍翻訳の不思議なところ。

ただ、これと契約書の不備といった、書籍あるあるトラブルについては、別のお話。これは夢うんぬんで超えられる問題ではないし、曖昧にしてはいけない問題だと認識しています。私たちがしっかりと声を上げていかなければなりません。

つらつらと書きましたが、未熟な私が言えるのは、書籍翻訳は楽しいということ(そればっかりや)。私だって出来る限り続けたい。依頼されない日がいつか来るに違いないが、その時は「干されちゃったテヘヘ」と一人寂しくつぶやき、別の何かを見つけるよ。それまで、私は続けると思う。だってたのしいから。

夢とハンバーグは大きい方がいいぜ(ちなみに私の夢はフィッシュアンドチップスのお店を開くことだよ)。

arrow

2017/12/06 雑記

本日朝から二本入稿。結構調子がいい。翻訳もかなり進んで、これで心配して下さっている編集者さんに顔向けできるというものだ。ハハハハ、気分がいいぞ!(すいませんすいません)


ここのところ数日、メチャクチャ面白い翻訳家で有名な安達 眞弓さんがブログを更新してくれているので読んでる。超おもしろい。東京で数ヶ月ぶりに再会した安達さん、やっぱり面白かったんだけど、安達さんのダンナさんまで面白いので本当にどうかしてる(褒めております)。パーティーで、フォッフォッフォッと笑いつつ、私に話しかけて下さった。

「どうもどうも、安達の夫です、フォッフォッフォッ……」

飲んでたワインを吹くかと思った。あの安達さんにして、あのダンナさんだ。とってもよく似合っておられる。2017年ベストカップル賞だ。そしてこの下のライン、↓ 安達さんのブログを真似してみた。


昨日、仕事の合間に何気なくツイッターを見ていたら、私のアカウントをフォローしてくれている方が翻訳祭の感想を綴ったご自身のブログについてツイートされてて、何気なくクリックして読んだ。「普通のおばさん」と強調された文字列にどっと疲れが。私の仕事やその内容は、私の年齢、あるいは容姿に関係ありますか?

名前を出して仕事すると、自分について書かれた文章を読む機会って結構あります。いつまで経っても、どんなにがんばって仕事をしても、いとも簡単に、インターネット上で世界に向けて、無記名の誰かに、同業者に、同性に、自由に書かれます。先方がハンドルで書いていて、こちらが本名だと、文句言ったってこちらに分が悪い。そんなの仕事に関係ねーじゃんと言えない。やられてもやられっぱなしです。

なんと厳しく、自由いっぱいのインターネッツ。合掌。
arrow

20171204 雑記

突然気温が下がった。湖西の本格的な冬がはじまった模様。空は鉛色でぐっと低くなったし、湖を見れば白い波が立っている。風も冷たい。家の前の山に雪は積もっていないけれど、初冠雪はすでにあったので、そのうちドカッと降るだろう。頂上のスキー場は、今日もよく見えていた。

二階のリビング兼仕事場にストーブを点けたので、天板に鍋を置いて、なんだかんだと調理している。これこそ究極のエコ調理だと思いつつ、ゆっくりとしたペースで夕飯の準備をしているのだ。仕事は進んでいるけれど、それでもスケジュールは押している。油断ならないぜ……。

それにしても、朝から本当に静かだ。常になにかの音が、どこからか聞こえてくる東京とは大違いで、ここには音が一切ない。ストーブ前のソファに寝転がって、日がな一日のんびりしているハリーの規則的な寝息だけがBGMだ。当然、こちらも眠くなる。こんなことではいけないと、先ほど、コーヒーを淹れようと立ったらハリーも起きてきたので、oikosのヨーグルト(ギリシャタイプ)を少しあげた。oikosはクリーム状のヨーグルトで、ハリーの大好物だ。アザラシみたいな顔した犬が、ヒゲにたっぷりヨーグルトをつけて、おいしそうにそれを食べる。ほぼ無音の部屋で。なんだか不思議。

******************
今日は朝から翻訳家の児島修さんのツイートを見て、俺のなかの全米が泣いた。数年前から驚異的な出版点数で大活躍されていた児島さんは、私からすると、とにかくスゲー!という印象を抱く翻訳家のお一人だった。

同時に、あれだけの点数を訳すには男性の体力がないとダメなのか、夏に半裸でランニングするというタフネス児島さんぐらいのパワーがないとダメなのかと、考えたものだった。あまりツイートをされないストイックな仕事ぶりもすごいなあと思っていたのだけれど……。そんな児島さんも葛藤されていたのである。やっと休めたと思ったらぎっくり腰になって、辛い気持ちを抱えておられたのだ!

翻訳っていうのは孤独な作業だ。児島さんは、この数年間を踏まえて、「人生をすり減らした」と書いておられて、それは痛い程よくわかるけれど、児島さんが逃したと考える、その「人生の何か」は、きっと、たぶん、これからゆっくりと児島さんのところに戻ってくるのではと私は思う。抱えている何かを手放さなければ、次のものを手に入れることはできない。私も、児島パイセンのお姿を目標に、47冊を目指したいと思います。それにしても47冊。超人じゃね?

arrow

20171203 雑記

師走やんか! と気づいてびっくりした。

年末で終了する連載が二つある。毎日小学生新聞のコラージュ川柳とコスモポリタンだ。コスモポリタンは100本目の区切りよいタイミングで。週一はなかなかどうしてきつかったけれど、100本書いたっていうのは自分でもがんばったなと思う。コラージュ川柳も100作は超えているはずだ。楽しかったです。本当にありがとうございました。

来年からは、月一連載が3本、月二連載が1本になって、少し精神的な余裕ができそう。もっと書いているすごい人はたくさんいるけど、私にはそんな力はないわけで、これぐらいでちょうどいいんじゃないかと思う。翻訳原稿も押してきている(すいませんすいません)。作業をきちんとやって、それでも余った時間はブログに費やすことにしよう。突然の決意表明をしてみた。

********************

今年最後の大仕事だと考えていた東京出張も終わり、やっとのことで通常営業だ。多くの人と会い、話をすることは楽しいけれども、一方で疲労感も強い。誰にでもある精神的なアップダウンは、私の場合、悩みがトリガーとなるより、疲労感であることが多い。しかしこの疲労感も、寝れば治るんだからお金がかからなくていいな。ちなみに先月は本に散財しすぎた。カードの請求額を見てぎょっとした。今月も一心不乱にネットショッピングに励もうと思った。
24231774_10154918669851594_953911953127969817_n
arrow