Thug Kitchen

仕事仲間で友人のKyoko Jean Adamsonさんから教えてもらった料理本『Thug Kitchen』。

http://www.amazon.com/Thug-Kitchen-Eat-Like-Give-ebook/dp/B00JV1W2YG/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&sr=8-1&qid=1420595319
c2tyzfazhgtwandp1kss

タイトル通り、全編thug(殺し屋、悪党)の口調で書かれています。

春が来たぜマザーファッカー 早くアスパラガスを買ってこい

みたいな感じ。添えられている文章が面白いのは当然なんですが、レシピ自体がとてもいい(これはamazonのレビューでも多く書かれていること)。野菜中心のヘルシーメニューできちんと考えられている。そして写真も美しい。ただ、その写真の上に乗ったコピーがすべて殺し屋風だし、レシピとレシピの間のコラムも一貫して殺し屋。こういう面白い本って今まであったでしょうか。実用的であり、同時にギャグ。楽しすぎる一冊だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中